ダイエットや脂肪燃焼効果、頭痛や、目の痛みと疲れ、めまい、肩こり。

さらにはアルコール摂取量を減らしてくれるなど、様々な効果を兼ね備えているとして葛の花が話題になっています。

実際に、ここ数年で葛の花の成分を配合したサプリや青汁、お茶が続々と販売されていて注目度の高さを物語っています。

このブログでは、そんな葛の花にフォーカスをしてどのサイトよりも詳しく情報をまとめました。

葛の花とは一体何なのか。葛の花を摂取することでどのような効果をもたらすのか。

これから葛の花を試してみたと思っている方は是非参考にしてみてください。

葛の花ってどうやって摂取したら良いの?管理栄養士が教える選び方

おかげさまでこのブログも多くの方に読んで頂けるようになり、多くのお問い合わせやメールを頂くようになりました。

その中で、最も多い質問が『葛の花が入っている物でどんな物を選べばいいですか?』という内容です。

確かに、葛の花が配合されたサプリやお茶、青汁は沢山ありますがどれを選んだら良いか分からないのは当然ですよね。

そんなご質問に対する答えとして、管理栄養士である私が数十種類の葛の花グッズを分析した結果を元におすすめできる葛の花ランキングを作成しました。

『これから葛の花を摂取していきたい!』『もっと良質な葛の花イソフラボンを摂取したい!』

という方必見の内容です!

管理栄養士が監修!葛の花ランキング2017

ダイエットや脂肪燃焼、多くの健康効果をもたらすと言われている葛の花。

そんな葛の花ですが、今日本国内で販売されているだけでも数百種類以上の商品が存在します。

中には良質な葛の花成分を配合するものもありますが、残念ながらとても良質とは言えない商品も存在するのも事実。

しかし、本当に良質な葛の花成分を配合している商品を見極めるのは簡単な事ではありません。

ずばり、摂取するべき葛の花のポイントは3つです。

①信頼できる国内メーカーが製造販売していること

②良質な葛の花成分がしっかりと配合されていること

③商品に見合った無理のない価格設定で飲み続ける事ができること

以上のポイントをしっかりと押さえて葛の花を摂取していけば、ダイエットや脂肪燃焼効果などを実感できると信じています。

今回のランキングで紹介している葛の花グッズはどれもすべて3つの基準を満たす物だけを激選しています。

ランキングの基準は、管理栄養士である私の分析、実際に飲んだ方の話、みんなの口コミ、コスパ、企業の信頼度を組み込みました。

それでは葛の花ランキングの発表です!

シボヘール

シボヘールという商品名から予想できるように、体についてしまった脂肪を減らすのを助けてくれるサプリメントです。

主な成分はメタボリックシンドロームに効果をもたらす葛の花成分、特にイソフラボンが多く配合されているのも特徴のひとつ。

また、シボヘールは科学的根拠がある食品だけに与えられる、『機能性表示食品』という一種の安心と信頼のブランドを得ています。

実際に、12週間かけて行われた臨床実験ではお腹の脂肪面積、体重、ウエストが減少していることが確認されています。

配合されている葛の花成分もダントツに優秀で初回980円のみで試す事ができるのも非常に大きなメリットでしょう。

葛の花を試すのであればまずはシボヘールで間違いありません。

シボヘールの良い口コミ

30代を過ぎたあたりから体重が増えだしお腹にも脂肪が増えました。シボヘールを飲んでから自然に体重も落ち、体調も良いんです。試して本当に良かったです。(40代 女性)

友人に聞いてシボヘールを飲み始めました。980円で安かったのでお試し感覚だったのですが飲んでみてビックリ。1ヶ月で体重が69⇒64.7キロと4キロのダイエットに成功。50キロ台目指して頑張ります。(50代 女性)

シボヘールおすすめです。葛の花の成分が優秀と聞いて飲み始めましたが本当にスゴイですね。最初の1ヶ月で-3kg、2ヶ月目で5kg、3ヶ月目で7kgと順調に痩せています。

体も軽くなりましたしこれからも飲み続けていきたいと思います。(30代 女性)

シボヘールの悪い口コミ

太り過ぎていよいよマズイかなと思い調べたところ葛の花が良いと聞きシボヘールを試してみました。ですが飲み続ける事が出来ずに断念してしまいました。私の責任です。(50代 男性)

確かに1ヶ月で3kg程度は痩せました。ですが、短期的に痩せるダイエットをしたかったので私には置き換えダイエットの方がよかったです。中長期的に痩せたい人には良いと思います。(30代 女性)

スリムフォー

ダイエットをしたい人の中でも、特に内臓脂肪を貯め込んでいる人におすすめなのがスリムフォー。

葛の花由来イソフラボンがお腹の脂肪を減らすのを助けてくれます。

シボヘール同様、機能性表示食品として届け出を行い承認がなされており信頼度もバツグン。

また、良質な葛の花成分を配合されているので数ある葛の花商品の中でも効率的に葛の花を摂取できるといわれています。

スリムフォーの口コミ

初回が安かったのでスリムフォーを試してみました。会社の検査でも内臓脂肪が減っていて効果を実感できました。(40代 女性)

お腹が出てきたことで葛の花が良いと聞きスリムフォーを買いました。葛の花イソフラボンってこんなにすごいんですね。(30代 男性)

スリムフォーの悪い口コミ

確かに優秀な成分が入っているとは思うのですがコスパは他の葛の花サプリの方が良いと思いました。(20代 女性)

葛の花由来イソフラボン入り きょうの青汁

サプリメントではなく、飲料で葛の花由来イソフラボンを摂取したい方におすすめです。

青汁というと飲みにくいという印象がありますが、この製品には宇治抹茶と和三盆が使用されているので非常にすっきりとした味わいになっているのも特徴のひとつ。

葛の花由来のイソフラボンだけでなく、京都産の桑の葉、京人参、聖護院かぶらなど滋養効果をもたらすと言われる成分がたくさん配合されています。

サプリメントではなく飲み物で良質な葛の花を摂取したい方には良いでしょう。

葛の花由来イソフラボン入りきょうの青汁の口コミ

もともと青汁を飲んでいたのですが、葛の花を一緒に摂取したいと思い飲んでみました。飲みやすく美味しいです。(50代 女性)

葛の花を摂ってみたく青汁にも興味があったので購入しました。毎朝飲むだけなので簡単ですし、ダイエットにも体調管理にも良いので助かっています。(40代 女性)

葛の花由来イソフラボン入りきょうの青汁の悪い口コミ

ちょっと飲むのに手間がかかるのがネックですね。葛の花サプリも飲んでいますが手軽さではサプリに軍配が上がると思います。(40代 男性)


以上、管理栄養士が選ぶ葛の花ランキングでした。

今回、紹介した葛の花製品はどれも3つのポイントをすべて満たすものだけを激選しています。

ですので、後は好みや予算から選んでもらって問題ありません。

サプリなら、シボヘールかスリムフォー。

飲み物なら、きょうの青汁といった選び方でも葛の花の摂取方法としては正解です。

しかし、その中でも『3つの葛の花製品の中からどれを選んで良いのか迷ってしまう』

そんな方は、まずはシボヘールを試してみる事をおすすめします。

配合されている葛の花成分もダントツで優秀ですし、価格も980円で費用対効果も一番なのは間違いありません。

確実に、葛の花の効果を実感したいのであればシボヘールが一番です。

いずれにしろ重要なのは、一度飲み始めたら最低でも1か月間しっかりと飲み続けるということ。

1か月間飲み続ければ、ダイエット効果や、脂肪燃焼効果など何かしらの変化を実感できるはずです。

まずは後回しにするのではなく早い段階で今すぐ葛の花の効果を自ら試してみて下さい。

きっと、私や多くのメールを頂く方のように葛の花の驚きの効果を実感できるでしょう。

このブログが葛の花に興味をもった方の参考にすこしでもなれば嬉しいです。


葛の花ランキングno1獲得!シボヘールの体験談をご紹介!

kuchikomi


飲むだけで痩せるといった、魔法のようなサプリではありません。
他のダイエットサプリと比べて、機能性表示食品なので信頼できるかなと思い購入。

お腹の脂肪だけが、ダイエットでは落ちなくて悩んでいました。
サプリは小さくもなく、大きくもなく。
味も香りも漢方っぽさはありますが、気にせず飲める程度のものです。

私は、朝食を食べる前に飲んでいましたが、忘れないようにするのが大変です。
飲む時間は決まっていないので、いつ飲んでもいいのですが・・。

1か月飲んだ感想としては、頑固な便秘症だったのが、改善されたのとウエスト周りが多少細くなりました。
ただ本人がわかる程度で、周りの人では誰ひとり気付かれません。
まだ1カ月なのでこんなものなのかなと思っています。

30代 女性



kuchikomi


40代になると全然痩せないというのは本当ですね。
ダイエットが趣味と言えるほどに、様々なダイエットに挑戦してきました。

全て失敗どころか、リバウンドでさらに増えるという悪循環。
仕事も忙しいし、ストレスも多い中、さらにストレスになるダイエットは、やはり無理と、簡単に取り入れられるシボヘールを飲む事にしました。

他にも美容のためにサプリを色々飲んでいますが、特に異常はなかったので、他のサプリと一緒に飲んでいます。
2か月飲んで-1kgと誤差の範囲ですね。

一緒に買った友達は-3kgだったので、効果が出る人にはしっかり出るようです。
もう少し頑張って見ます。

40代 女性


kuchikomi-mens


体重が90kg代になってさすがにヤバいと思い、シボヘールを購入。
巨体なのでこれだけで痩せるはずはないと思い、食事制限とプールでの週2でォーキングと頑張り、1カ月で-4kg。

元々の体重が多いので、まだまだやせなければならないですが、以前シボヘールなしでやった時より、今回のほうが減る速度が速い感じがします。
あと以前はお腹周りは最後に減る印象でしたが、今回はお腹から先に減っています。
値段も安いし、続けやすいし、便通もよくなったいで、割といいことずくめです。

健康のためにも、あと10kgは痩せたいところ。
体重が減るペースはお落ちてきましたが、頑張ります。
定期便だとお得なのもあるけど、届くたびに「頑張ろう!」と気が引き締まるから、モチベーションを維持できていいなと思います。

30代 男性


kuchikomi-mens


健康診断でメタボと言われて、とにかくお腹の脂肪を落としたくて、購入しました。
他にも色々ありましたが、一番安くて信頼できそうだったので、定期購入でスタート。

最低でも3カ月は続けてみようと、今2ヶ月目ですが、変化は多少ありました。
ズボンが緩くなった、体重は変わらずですが、体脂肪は低くなった。

ただすごい変化というわけではなく、ゆっくり少しづつです。
食事も外食を減らしたり、気をつけていたので、シボヘールだけの変化ではないのかもしれません。
とりあえず、後1カ月は最低続ける予定です。

40代 男性



kuchikomi


子供を産んでから、10kg増加。
そのまま何をやっても落ちることがありません。

特にお腹周りの脂肪はつかめるほどで、子供にもしょっちゅうつかまれていました。
さすがに、このままではまずい!とシボヘールを飲みはじめます。

他のものよりも始める価格が安かったし、いつでも解約可能。
育児で疲れているし、運動や食事制限は全くしていません。

3か月の結果、体重はさほど変わりませんでしたが、お腹周りは明らかにスッキリしました。
運動も合わせてやっていたら、体重も減ったかな。

でも、結果に満足しています。

30代 女性


kuchikomi-mens


会社の健康診断でメタボ予備軍で、このままだと生活習慣病にかかる可能性があると言われ、飲む事にしました。
もちろんそれだけではダメだと思ったので、ウォーキング、食事のバランスなど気をつけることはやったつまりです。

4か月で体重2.5kg減、体脂肪3%減!
ダイエットではじめて結果が出たので嬉しいです。

特にいつものダイエットでは、お腹よりも上半身や顔が痩せていったのに、今回はお腹からスッキリしたので、これはシボヘールのおかげかなと思っています。
でも、飲むだけで体重が落ちるかというと、謎ですね。

私の場合は運動も食事制限も、キッチリやっての結果ですので..。
健康のためにも、もう少し減らしたいですね

50代 男性


kuchikomi


何となく体が重いなぁと感じ始め久しぶりに体重を測ったら、大幅にアップ!

確かに最近楽な服しか着ていなくて気付きませんでしたが、去年のスーツを着てみたら、ウエストがびっくりするくらいきつかったのです。

太る時はあっという間なのですが、痩せる時は全然痩せないという40代。
食事制限しても、運動してもお腹が凹む事はありません。

代謝が落ちているのは、前から感じていましたが、これほどまでとは思っていませんでした。
友達に勧められてシボヘールを購入。

何と言っても一番安かったので、よかったです。
飲んですぐに便通が良くなるのを感じました。

代謝も何となく良くなった気がします。
まだ飲んで1カ月ですが、ウエスト周りのお肉が少しなくなったような?

今のところ体重、体脂肪に変化はありませんが、最低3カ月は続けようと思っています。

40代 女性


葛の花のダイエットとイソフラボンの効果

自然由来の安全成分でダイエットをしたいけど、何を選べばいいのかわからないとお悩みではないでしょうか?

もしそうならばダイエットはもちろん様々な健康効果をもたらす葛の花を使用した製品がおすすめです。

今回は葛の花の効果と注意点、そして葛の花の成分が使用されたおすすめの商品を紹介します。

今記事を読むことで、安心して効果的にダイエットを行うことができるようになるでしょう。

葛の花とは

葛は日本や中国などの温かい地域に生息するつる性の植物でマメ科に属します。

葛は九州から北海道にまで生息しているので、あなたも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

葛を食べたことがある人も多いはずです。何故なら葛は秋の七草の1つに数えられていますから、もしくは葛餅などで食べたことがある人も多いでしょう。

春の七草や秋の七草は健康にいい植物として有名ですよね。一体どういう風に健康にいいのか理解している人は少ないと思いますが、今回で葛の花の効果は完全に理解できます。

葛の花とその白くてかたい根っこは古来より中国や日本で薬として使用されてきました。

そんな葛の花の健康効果に近年再び注目が集まっています。その理由は葛の花に含まれるイソフラボンにあります。

葛の花が含む健康にいい成分はイソフラボンだけではありません。

イソフラボンと同様に注目を集めているのがファイトケミカルです。

葛の花の詳しい成分を見ていく前に、まずはファイトケミカルという植物の知恵が詰まった健康にいい成分について説明いたします。

葛の花に含まれるファイトケミカルとは?

ファイトケミカルとは植物やフルーツに含まれる化学成分のことで、現在最も注目を集める成分の1つです。

ファイトケミカルと言っても種類は様々。

なんと約4000種類ものファイトケミカルがあると言う研究者も少なくはありません。各ファイトケミカルが持つ成分はそれぞれで、人間にもたらす健康効果も様々です。

すでに科学者は千種類以上のファイトケミカルを解明してはいますが、十分に研究されたものはまだまだ少ないのが現状。

ファイトケミカルはもっと研究されないといけないミステリアスな成分ですが、1つはっきりしていることは健康にいい効果を持つということです。

葛の花に含まれるファイトケミカルが持つ効果は強力な抗酸化作用です。

人間の体内には酸素が流れています。体内に流れる酸素がストレスや紫外線によるダメージを受ける、もしくは他の成分とくっつくと活性酵素というものに変化します。

活性酸素は端的に言えば老化やあらゆる病気のもと。

その活性酵素を抑える働きのことを抗酸化作用と言うのです。抗酸化作用はアンチエイジングや生活習慣病予防には欠かせません。

さらに葛の花にはケルセチンというファイトケミカルが含まれています。

ケルセチンはポリフェノールの一種で、抗炎症作用、コレステロール値上昇の抑制、血流の流れを良くするなどの働きがあります。

葛の花には様々なファイトケミカルが含まれていますが、最も大切なのがイソフラボンなのです。

葛の花の効果

葛の花に含まれるイソフラボンの効果に人々は昔から気づいていました。

そのため古来中国では葛の花は頭痛と偏頭痛、目の痛みと疲れ、めまい、耳鳴り、そして肩こりを和らげる薬として使用されていたのです。

葛の花はまた風邪やインフルエンザ、鼻腔炎、糖尿病の治療薬としても使用されてきました。

これらの症状にも効果はあるようですが、科学的根拠はまだありません。しかし葛の花にはすでに科学が証明した健康効果もあります。

ここからは科学が明らかにした信頼できる葛の花の効果を紹介します。

葛の花のダイエット効果

葛の花が現在最も注目を集める理由の1つにダイエット効果があるということを挙げることができます。

ダイエット効果を強調するサプリは多いですが、科学的根拠が挙げられているものは残念ながら少ないです。

葛の花は科学的根拠があるので効果は科学が保証しています。

2009年に行われた動物実験で葛の花には、お腹についた余分な脂肪、高血圧、高コレステロール、インスリン抵抗性などを含むメタボリックシンドロームの症状に効果があることが判明しています。

またメタボリックシンドロームを予防することは、心臓病と糖尿病になるリスクを下げることでもあります。

実験ではメタボリックシンドロームのメスのネズミたちに葛の花成分が含まれたカプセルが与えられました。

2か月後、カプセルを摂取していたネズミたちはそうでないネズミと比べると体重が増加していませんでした。

さらにカプセルを摂取していたネズミたちは血圧値、コレステロール値、インスリン値が健康のものになっていたのです。

さらに葛の花にはドロドロとした血液、血液の塊を改善するだけではなく、血管を拡張して血流と酸素の流れを良くする効果があります。

閉経後の症状を緩和する

2003年に発表された研究によると、葛の花には閉経後に起きる症状を緩和する働きがあることが判明しています。

科学者は閉経後の50~65歳の女性127名を3つのグループに分けてある実験を行いました。

1つのグループには3か月間毎日葛の花が含まれたサプリメント(毎日100グラムのイソフラボン)が与えられ、もう1つのグループには特に何も与えませんでした、そして3つ目のグループにはホルモンセラピーが行われました。

研究結果、ホルモンセラピーを受けていた女性のグループはコレステロール値が下がっていたのです。

そして葛の花が含まれたサプリメントを摂取していた女性たちは認識機能と注意継続時間が大幅に上昇していました。

比較的最近行われた研究によると、葛の花のエキスが抽出されたカプセルを24週間毎日摂取していた女性は萎縮性膣炎による膣の乾きが軽減されることが判明しました。

また閉経後という特定の症状だけではなく、ホットフラッシュや多量の寝汗などの一般的な更年期障害の症状を緩和する働きが葛の花にはあることが判明しています。

アルコール摂取量を抑える

2005年に行われた研究によると、葛の花にはアルコール摂取量を抑える働きがあることが判明しています。

実験はアパートメント、ソファー、テレビ、ビールが入った冷蔵庫が完備された部屋で可能な限り実生活に近い状態で行われました。

実験に参加したのは日常的にアルコールを多量に摂取している男性です。

男性たちは葛の花の成分が含まれたカプセルを毎日摂取するグループとプラシーボを毎日摂取するグループに分けられました。

プラシーボを摂取するグループの男性たちが平均して3.5リットルのビールを毎日摂取していたのに対し、葛の花の成分入りのカプセルを摂取していた男性たちは平均して1.5リットルのビールしか摂取しませんでした。

この研究結果から葛の花にはアルコールを摂取したいという欲求を抑える働きがあり、アルコール摂取量の減少につながることが判明しています。

さらに葛の花にはアルコールが引き起こす二日酔い、頭痛、めまい、胃のむかつきや吐き気などの症状を緩和させる働きがあることも判明しています。

群発性頭痛の緩和

2009年に群発性頭痛持ちの人々16名を対象に実験が行われました。

この実験により科学者は葛の花には最小限の副作用で群発性頭痛が起きる頻度を減らす、頭痛の継続時間を減らす、そして頭痛の痛みを和らげる働きがあると結論付けました。

葛の花の副作用と注意点

葛の花は体にたくさんの健康効果をもたらしてくれますが、注意点もあります。

まず乳がんの方や糖尿病治療薬を使用している方は葛の花を使用するのは避けるべきです。

また妊娠中の方や、授乳期間の方、子ども、もしくは医療用薬を摂取している方は葛の花成分配合の商品を摂取する前に医師のアドバイスを尋ねるのを強くおすすめします。

大きな副作用は確認されていませんが、葛の花はまだまだこれから実験が行われる植物であり、100%の安全は保障されていないからです。

葛の花はサプリメントやカプセルとして販売されています。

推奨される摂取量は1日120~150グラムです。葛の花が原因となった副作用は報告されていませんが、前述したように他の薬と併用することで悪い結果を引き起こす可能性があります。

また適量を守らない過剰摂取も悪い結果を引き起こす可能性があります。

不安な方は医師のアドバイスを聞いてから摂取し始めましょう。そして製品毎に決められている適量を守ることが何よりも大切です。

まだまだある!葛の花商品説明

葛の花成分が含まれた商品はたくさん市場に出回っています。そのためどの製品を購入するべきなのか迷っている方も多いはずです。

そこでここからはランキングではお伝えしきれなかった、おすすめの葛の花商品とその特徴を紹介します。

これから紹介する商品を摂取するだけでも効果はありますが、やはり基本となるのは普段の食事です。

栄養バランスある食事をしっかりととることで、商品の効果を大きく得ることができます。

葛の花減脂粒

葛の花減脂粒もまた安心・安全の機能性表示食品です。葛の花減脂粒は40台を迎えた女優も使用する名実ともにあるサプリメントです。

葛の花イソフラボンの脂肪燃焼・分解効果はどの年代にも効果が現れますが、特に30代後半以降の女性や出産を経験した女性におすすめです。

代謝が落ちてくると、若かった頃よりも脂肪がつきやすくなります。

しかし葛の花減脂粒に配合されている葛の花イソフラボンが脂肪の燃焼・分解を助けてくれ、結果的に体重減少につながります。

以前のようにすっきりとしたお腹周りや体重減少を目指す方におすすめの製品です。

葛の花イソフラボンスリム

葛の花イソフラボンスリムは葛の花由来のイソフラボンが35㎎配合された機能性表示食品サプリメントです。

これまで紹介してきた商品のようにダイエット効果はもちろんあります。

葛の花イソフラボンに加えて、黄金ショウガと5種類のビタミンも含まれているのが葛の花イソフラボンの嬉しいところ。

高知県産の黄金ショウガには体を温める効果だけではなく、美肌効果、糖尿病予防効果、そしてダイエット効果など体に嬉しい効果がたくさんあります。

そして5種類のビタミンは1日に必要なビタミン量の半分を補ってくれます。

葛の花イソフラボンスリムはダイエット効果だけではなく、美容効果も高いのが大きな特徴です。

痩せながら、綺麗になれるこのサプリメントは30代後半~50代の女性に大人気です。

ヘラスリム

ヘラスリムは男女から人気のある機能性表示食品です。ヘラスリムもまたメタボリックシンドロームに効果抜群の葛の花由来のイソフラボンが含まれています。

多くの方が3か月間毎日飲むことで、効果を実感しているサプリメントです。

葛の花由来のイソフラボンが脂肪の分解・燃焼を促進するだけではなく、脂肪が蓄えられるのも防ぎます。

お腹の脂肪をどうにかしたいという方にはおすすめのサプリメントです。

番外編!葛の花ジャムの作り方

葛の花製品は手軽に、そして年中手に入れることができますが、たまには自分で葛の花を使用した料理を作るのもおすすめです。

葛は天ぷらや若葉をお浸しにして食べたりできますが、今回は海外でも人気のある葛の花ジャムの作り方を紹介します。

まずは葛の花を摘むことから始めます。ざる一杯ほどの葛の花を摘んだら、手でよく洗い、花びらだけにします。

その後、鍋の中に洗った葛の花と水2カップ、お砂糖2カップを入れます。

もし可能ならばスプーン1杯分のフルーツペクチンを入れるのがおすすめですが、必ず必要というわけではありません。

後は15~20分程度煮込んで、とろみがついたら火を止めます。少し冷ましてから楽しんでみてください。

香りのよさが際立った美味しい葛の花ジャムがたったこれだけで完成です。

トーストに塗って食べるのもいいですが、お肉料理のソースやヨーグルトにかけても美味しいです。保存するときは瓶に入れると長持ちします。

葛の花ダイエットとイソフラボンまとめ

葛の花の効果は科学でしっかりと証明されたものです。

すぐに効果が表れるというわけではありませんが、根気強く摂取し続けることでダイエット効果を始めとする様々な効果を得ることが明らかになっています。

今回紹介した商品は気軽に続けることができるので、もしコストや目的に合っていたのならば使用してみてください。

※本サイトに記載の内容は個人の感想です。必ずの効果や効能を保証するものではございません。